朝鮮人民軍戦略軍の金洛兼司令官は10日、朝鮮中央通信(KCNA)を通じて声明を発表し、北朝鮮が「中距離戦略弾道ミサイルの火星12を同時に4発発射し、米領グアム島への包囲攻撃を行う計画を真剣に検討している」と述べた。

  声明によると、火星12は日本の島根、広島、高知の各県の上空を通過。ミサイルは3356.7キロ、1065秒で飛行し、グアム周辺30-40キロ水域に着弾すると予想している。戦略軍は計画を8月半ばまでに完成し、金正恩労働党委員長の承認を得るため提出する。
  
  声明はトランプ米大統領が「『炎と怒り』について多くの意味不明の言葉を発しており」、「深刻な状況」を把握できておらず、「理性の欠けたこうした人物との健全な対話は可能でない。絶対的な力だけが影響を与える」としている。

原題:N. Korea Threatens ‘Enveloping’ Strike at Guam With 4 Missiles(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE