欧州株:下落、幅広い業種に売り-米・北朝鮮の緊張高まりで

9日の欧州株式相場は下落。米国と北朝鮮の間で緊張が高まる中、広く売りが出た。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.7%安の379.84で終了。公益事業株を除き全ての業種別指数が下げた。トランプ米大統領が8日遅くに、米国を脅し続けるなら「炎と怒り」に見舞われると北朝鮮に警告した。

  銀行業界も注目され、株価指数は1.4%安と3週間ぶりの大きな下げとなった。10年前にフランスの銀行BNPパリバは投資ファンドからの顧客資金引き出しを凍結した。米国のサブプライム危機が欧州に波及し、世界的な信用危機の始まりを示唆する事件から10年がたった。

  個別銘柄では、デンマークの製薬会社ノボ・ノルディスクが7.9%急伸。同社の四半期決算が予想を上回ったことが好感された。ストックス600の業種別指数では公益事業株が0.1%上昇。この2営業日での上昇率は0.7%となった。

原題:European Stocks Drop as Tensions Rise Between U.S., North Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE