トランプ陣営、文書約2万ページを上院司法委に提出-ロシア疑惑調査

  • トランプ大統領長男とマナフォート氏も司法委に文書提出
  • 上院司法委は9月後半にロシア疑惑に関する公聴会を開催か

トランプ米大統領の選挙陣営と長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏、選対本部長を務めたポール・マナフォート氏は、ロシアによる大統領選干渉疑惑を巡る上院司法委員会の調査拡大の一環として文書の提出を始めた。

  上院司法委の広報担当ジョージ・ハートマン氏の8日の説明によれば、トランプ陣営は今月2日に約2万ページに上る文書を提出。マナフォート氏は同日、約400ページ、トランプ・ジュニア氏は4日に約250ページの文書をそれぞれ引き渡した。同委は先月、8月2日までに文書の提出を開始するよう求めていた。

  同委民主党トップのダイアン・ファインスタイン議員(カリフォルニア州)は先週、トランプ・ジュニア氏とマナフォート氏が出席する公聴会が9月後半に開かれる可能性があると述べた。

原題:Trump Campaign Turns Over Thousands of Documents in Russia Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE