米ディズニー、4-6月売上高は予想に届かず-TV収入低調

ウォルト・ディズニーの4-6月(第3四半期)決算では、テレビ事業の厳しい環境が引き続き業績の重しとなった。ESPNなどの減収が響き同社全体の売上高は市場予想に届かなかった。

  8日の発表資料によると、4-6月期売上高はほぼ横ばいの142億ドル。アナリスト予想は144億ドルだった。1株利益は1.58ドルと、アナリスト予想平均の1.55ドルを上回った。

  同社株は決算発表を受けた時間外取引で一時3%下落し103.85ドルを付けた。

  ケーブル・ネットワーク部門の利益は23%減の14億6000万ドル。番組制作コストの上昇や広告収入の減少が響いた。一方、テーマパーク部門の利益は18%増の11億7000万ドルで、売上高は12%増。

原題:Disney Sales Miss Forecasts on Weaker Revenue From TV Channels(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE