米ラルフローレンの利益が予想上回る、新CEOに追い風

米高級衣料品ラルフローレンの4-6月(第1四半期)決算は利益がアナリスト予想を上回った。同社の事業立て直し計画が実を結びつつある兆しが示され、先月就任したパトリス・ルーベ最高経営責任(CEO)への追い風となりそうだ。ラルフローレンは需要低迷に対応し、直営店舗の閉鎖などを進めている。

  株価は8日の米株式市場で一時前日比11%高。前日終値の時点で年初来13%下落していた。

  既存店売上高は6%減少したものの、コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想(5.8%減)とほぼ一致した。4-6月期の売上高は13億5000万ドル(約1490億円)。市場予想平均は13億4000万ドル。

  一部項目を除いたベースの利益は1株当たり1.11ドル。アナリスト予想は94セントだった。

原題:Ralph Lauren Climbs as New CEO Inherits Company on the Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE