米KKR、救急医療搬送のアメリカン・メディカルを24億ドルで買収

プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のKKRは救急医療搬送サービスを手掛けるアメリカン・メディカル・レスポンスを、医療サービスのエンビジョン・ヘルスケアから現金24億ドル(約2640億円)で買収すると発表した。救急車や避難用航空機を運営するエア・メディカル・グループ・ホールディングスと統合させる計画だ。KKRはエア・メディカル・グループを2015年に買収した。

  8日の発表によれば、統合後の新会社は全米46州と首都ワシントンで陸上と空路合わせ年間500万人余りの患者を救急搬送できるようになる。アメリカン・メディカル・レスポンス買収は規制当局の承認が必要で、第4四半期(10-12月)に完了する見通しという。

  KKRは今年、ヘルスケア資産を相次いで買収。今月に入ってからはウォルグリーン・ブーツ・アライアンスと共同でファーメリカを14億ドルで買収することで合意。7月にはウェブMDヘルスを約28億ドルで買収することで合意している。

原題:KKR Extends Health Flurry With $2.4 Billion Ambulance Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE