テンセントやアリババのバリュエーション急上昇、株価反落の前兆か

  • 予想PERは予想利益よりも急ピッチで上昇
  • 2つの尺度に差があれば株価を下押しも-ノーザン・トラスト

アジアの人気テクノロジー株は先走りしている可能性がある。

  今年の香港株上昇の主なけん引役であるテンセント・ホールディングス(騰訊)のような企業の予想株価収益率(PER)は利益予想よりもはるかに速いペースで上昇しており、株価への下押し圧力となる可能性があると、ノーザン・トラスト・キャピタル・マーケッツが指摘した。

  ノーザン・トラストの7日付リポートによると、中国の大手電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングは、予想PERが年初以降に38%上昇した一方、今年度の1株利益予想は10%しか増加していない。テンセントの予想PERは32%上昇したが、予想1株利益は2%の増加だ。

  ニール・キャンプリング氏はリポートで、「2つの尺度にかなりの差がある銘柄では、短期的に株価に幾分の圧力がかかるのではないかと思う」と記述した。

  テンセントとアリババは来週決算を発表する予定。

原題:Tencent, Alibaba’s Rocketing Valuations May Augur a Pullback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE