米テスラ、15億ドルの起債を計画-「モデル3」を支援

  テスラは2025年償還の無担保優先債を15億ドル(約1663億円)発行する計画を発表した。調達資金は、最も手ごろな価格の「モデル3」関連の支出を支えるためバランスシート強化などに充てる。ブルームバーグのデータによれば、同社が起債するのは転換社債以外では初めて。  

  同社は4-6月期(第2四半期)にモデル3の生産能力強化やバッテリーの増産に投資を行い、フリーキャッシュフロー(純現金収支)は過去最大の11億6000万ドルの赤字を計上。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は先週、業績発表後の投資家との電話会議で、株式ではなく社債の発行を検討していると明らかにしていた。

原題:Tesla Planning $1.5 Billion Bond Offering to Support Model 3 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE