アジア株上昇、金融株やテクノロジー銘柄に買い-米雇用統計を好感

7日のアジア株式相場は上昇。先週10年ぶりの高値となったMSCIアジア太平洋指数が上げている。7月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を上回ったことから、世界の経済見通しに対する信頼感が強まった。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前10時57分(日本時間同11時57分)現在、前週末比0.6%高の161.41。金融株やテクノロジー銘柄、工業株が上げを主導している。

  IGアジアの市場ストラテジスト、チンイ・パン氏(シンガポール在勤)は「楽観的な見方が後退しつつあったと思えたまさにその時に、ポジティブな米雇用統計に相場は再び押し上げられた」と述べた。

原題:Asian Stocks Rise as U.S. Jobs Data Bolster Optimism for Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE