メイ英首相、EU離脱計画を具体化-分担金支払い金額案浮上

  • 英側は約5.2兆円の支払いを検討中-サンデー・テレグラフ
  • デービスEU離脱担当相は「初耳」とコメント-サンデー・タイムズ

英国の欧州連合(EU)離脱計画が具体化し始めている。

  メイ英首相がEUへの未払い分担金問題を決着させるための清算金の支払額が初めて浮上してきた。英政府が今月中にEU側と3回目の交渉に臨むのを前に、移行期の取り決めの詳細も見えつつある。

  英紙サンデー・テレグラフが政府当局者3人の話を匿名で伝えたところによれば、英国は離脱交渉を将来の通商協定に導くため、360億ポンド(約5兆2000億円)を支払うことを検討中。デービスEU離脱担当相は英紙サンデー・タイムズに「初耳だ」と述べたが、この報道は舞台裏での交渉を詳述するものであり、400億ユーロ(約5兆2200億円)はEU側の求める金額と英国側の当初の立場の間の妥協点と受け止められている。

  EU離脱交渉を担当する政府部門はコメントを控えた。EUの行政執行機関である欧州委員会の当局者はうわさについて臆測しないと述べた。

  英政府は向こう2カ月に方針説明文書の公表を準備しており、メイ首相がどれだけ譲歩に前向きかや、EU離脱のビジョンを軟化させたかを示す強力な手掛かりになりそうだ。

原題:May’s Brexit Plan Begins to Take Shape as Offer on Bill Floated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE