米上院共和党、個人保険市場強化案の検討に前向き-来月上旬に公聴会

  • マコネル院内総務とティリス議員が検討の可能性示唆
  • トランプ大統領は保険会社への補助金継続の是非を決定する見込み

米上院共和党は医療保険制度改革法(オバマケア)が定める個人保険市場を強化する超党派案の検討に前向きの姿勢を示している。トランプ大統領は個人保険市場に参加する保険会社への補助金を継続するかどうか決定する見込み。

マコネル上院院内総務

Photographer: Alex Wong/Getty Images

  共和党のマコネル上院院内総務は5日、オバマケアを廃止・代替しようとする共和党の取り組みが挫折した後に起こったこの超党派の動きに扉を開いていると発言した。AP通信が明らかにした。

  共和党のトム・ティリス上院議員は6日のABCの番組「ジス・ウィーク」で、「われわれの市場は保険料が来年20-40%上がる見込みで不安定だ」と発言。「保険料の値上がりと、ヘルスケアを必要としている人への影響を防ぐための何らかの手だてを検討する必要があると私は考える」と語った。

  上院厚生教育労働年金委員会は9月初めに、オバマケアの個人保険市場の安定・強化に関する超党派の公聴会を開始する予定。同委のラマ-・アレグザンダー委員長とパティ・マリー筆頭理事が1日の共同声明で明らかにした。

原題:Senate Republicans Nod at Bipartisan Push for Insurer Payments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE