米ブルーエプロン:施設閉鎖へ、1270人に影響-新施設に配置換え計画

米食材配送サービス、ブルーエプロン・ホールディングスはニュージャージー州の現行施設を閉鎖する予定で、州内に年内オープンするより大規模な新施設への配置換えを計画している。

  事業所閉鎖や大量レイオフについて60日前の事前予告を雇用主に義務付ける規則に基づいた告知が4日にあり、1270人の従業員が影響を受けることが示された。これは全従業員の約24%に相当。仕事は別の施設に移ると説明した。

  広報担当者によると、ジャージーシティーの現行施設の従業員の半数余りが新たなリンデンの施設に移る決断をした。公告によれば、ジャージーシティーの施設は10月までに閉鎖される。 

  同社は約1カ月前に新規株式公開を行ったばかり。 同社株は4日、一時8%余り下落した。

原題:Blue Apron Is Closing Facility and Moving 1,270 Jobs (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE