中国当局は1000を超える投資口座を「ブラックリスト」に入れ、新規株式公開(IPO)株購入の申し込みを一時的に停止する。ブームに沸くIPO市場の監督を強化する狙いだ。

  中国証券業協会は今週、一部の銀行や保険、証券、投資信託、個人投資家がそれぞれ管理する計1012口座について、今月1日から来年1月31日までIPO株購入の申し込みを禁止したと発表した。同協会が2月に制裁リストに掲載した数の3倍だ。

  同協会によると、制裁は昨年11月と12月のIPO計52件での違反に関連したものだが、具体的な内容は明らかにしていない。

原題:China Sanctions Over 1,000 Fund Accounts Amid IPO Scrutiny(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE