ドイツ:6月の製造業受注が急増-景気の堅調示す

ドイツの6月の製造業受注は幅広い内需を原動力に急増し、ドイツ経済が勢いを増している兆候を示した。

  独経済省が4日発表した6月の製造業受注指数(季節・インフレ調整済み)は前月比1%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値では0.5%上昇が見込まれていた。5月は同1.1%上昇に上方修正された。6月は前年同月比(労働日数調整済み)では5.1%上昇した。

  経済省は声明で「受注は鉱工業生産がさらに若干回復したことを示した。製造業の素晴らしい事業環境もこの推定を支える」とコメントした。

  4-6月(第2四半期)では前期比0.8%増となった。6月の受注は国内が5.1%増でけん引。海外受注は2%減だった。

原題:German Factory Orders Jump in Sign of Robust Economic Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE