ボストンのヘッジファンドマネジャーを逮捕-「ねずみ講」運営と検察

  • モントヤ容疑者がRMAファンドの投資家を欺いたと検察は主張
  • 保釈金を支払い釈放された同容疑者は当局と司法取引の交渉を進める

米ボストン地区のヘッジファンドマネジャーで、「RMAストラテジック・オポチュニティー・ファンド」の運用に携わっていたレイモンド・モントヤ容疑者が、事実上の「ねずみ講」を運営し、出資金詐欺を働いた疑いで米連邦検察当局に逮捕され、訴追請求手続きが行われた。

  米マサチューセッツ州証券監督部門は今年6月、証券詐欺に関与したとしてモントヤ容疑者を相手取り民事訴訟を起こした。同容疑者は2015年時点でファンドの運用資産額を50億ドルと投資家に説明していたが、宣誓証言ではピーク時でも約2000万ドルだったことを明らかにした。

  米検察当局の発表によれば、モントヤ容疑者(69)はファンドの運用成績について投資家を欺く通信詐欺を働き、数百万ドルの投資家資金を高級車など個人的な出費に流用した。

  モントヤ容疑者の代理人を務めるクリストファー・ブルーノ弁護士が電子メールで配布した資料によると、同容疑者はボストンのマサチューセッツ地区連邦地裁に2日出廷した後、10万ドルの保釈金を支払い釈放された。「公判前の決着」を目指し、連邦当局と司法取引の交渉を進めているという。同弁護士は「モントヤ氏は法執行当局に引き続き協力し、投資家への最終的な返還のために資産の保全に力を注いでいる」と説明した。

原題:Boston Hedge Fund Manager Arrested and Charged With Ponzi Scheme(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE