米司法長官、機密情報漏えい阻止の取り組みを4日説明-関係者

  • 説明の中で具体的な案件や訴追は発表されない見込み
  • ケリー大統領首席補佐官はセッションズ長官にポスト安泰を伝達済み

セッションズ米司法長官は4日、機密情報漏えいを捜査し、容疑者を訴追する司法省の取り組みの詳細を説明する。事情に詳しい関係者が明らかにした。トランプ大統領は以前から、情報漏えい問題を主な懸念の一つに挙げている。

  同関係者によれば、セッションズ長官はコーツ米国家情報長官とともに、重要情報の許可なし開示の阻止と、情報漏えいの責任の所在がある人物の特定と訴追に向けた法執行・情報当局の取り組みを明らかにする。具体的な案件や訴追発表の予定はないという。

  セッションズ長官を批判するツイートをトランプ大統領はここ数週連発していたが、ホワイトハウス首席補佐官に就任したばかりのジョン・ケリー氏は先週末に電話で、セッションズ長官にポストは安泰だと伝えた。事情に詳しい関係者が匿名で明らかにしている。

原題:Sessions, Job Security in Hand, to Vow a New Crackdown on Leaks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE