AIG:英高層住宅火災に伴う損失リスクを開示-コストの推計不可能

米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は当局への届け出で、多数の死者が出た6月の英ロンドンの高層住宅火災に伴う保険金請求コストに直面する可能性があることを明らかにした。

  AIGは3日の米証券取引委員会(SEC)への届け出で、「この件に伴う損失への当社のネットエクスポージャーは現時点で推計不可能だ」と指摘。「この件が進展する中で、他に巻き込まれた保険加入者が明らかになる可能性がある」と説明した。

  同社は、火災に伴う損失の規模をよりよく把握したり、保険加入者を特定したりできる時期については、見通しを示さなかった。

  AIGの広報担当クレア・タルコット氏はコメントを控えた。

原題:AIG Discloses Risk of Loss on Grenfell Fire, Can’t Project Cost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE