東芝:四日市工場の新製造棟建設は単独で-投資額は150億円増加

更新日時

東芝は3日、建設中の四日市工場(三重県四日市市)第6製造棟の建設計画をめぐり、合弁先の米ウエスタンデジタル(WD)傘下のサンディスクが生産設備への投資に参加せず、単独で進める方針を発表した。

  四日市工場は東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の生産拠点。第1期分として予定している生産設備の導入や、第2期分の建屋建設への投資を東芝メモリが単独で負担する。そのため、従来約1800億円と想定していた総投資額が150億円増加し、約1950億円となることも明らかにした。

  生産設備の導入は12月を予定。メモリの生産は従来から東芝メモリが行っているため、生産には影響を与えないとしている。

  東芝の広報担当、平木香織氏はサンディスクと合意に至らなかった理由について「設備投資に関する考えに大きな隔たりがあった」と説明。スマートフォンの記憶媒体として使われるNAND型フラッシュメモリーの需要が拡大する中、生産体制の強化が必要不可欠との考えを強調した。

  一方、WDは、第6製造棟を含め東芝との合弁事業に投資する意思はあるとの声明を発表した。「東芝の発表には失望しているが、合弁契約においては当社は東芝と共同で投資する権利がある」との姿勢を示した。

(第5段落にWD側の見解を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE