石油メジャーには原油100ドル不要、半分でも稼ぎ十分-ゴールドマン

  • 石油各社がコストを削減する中、巨大プロジェクトが操業開始
  • 欧州メジャーは現金収入で配当支払いカバーできる可能性も

石油メジャーは原油価格が1バレル=100ドルだった全盛期よりも多くの現金を稼ぎ出していると、米ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。

  ミシェル・デラ・ビグナ氏らゴールドマンのアナリストは2日の調査リポートで、英BPや英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェルなどの石油メジャーは、コスト削減や業務改善により原油安に適応しているとの見方を示した。欧州の石油メジャーは、北海ブレント原油価格の平均が52ドルだった1-6月(上期)に、109ドルだった2014年1-6月よりも多くの現金収入を得た。

  ゴールドマンによれば、当時は原油高を背景に、石油会社幹部らが各種プロジェクトに手を伸ばし、遅れや予算超過、非効率化に陥っていた。現在はこれらプロジェクトが操業を開始し収入が増加しつつある一方、各社は経費を節減するとともに債務負担を減らすため一部の資産を売却している。

  アナリストらは「簡素化や標準化、デフレーションの下、石油業界は、現在の環境で原油価格が1バレル当たり100ドルを上回っていた13-14年当時よりも収益性を高め、現金を生み出せる態勢になっている」と指摘した。

  ゴールドマンによると、欧州の石油メジャーは4-6月(第2四半期)に資本費用と配当の91%をカバーするのに十分な現金を生み出しており、事業収入で株主への支払いを賄うことができる状況に近づいていることを示している。

原題:Who Needs $100 Oil? Majors Making More Cash at $50, Goldman Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE