テスラ「モデル3」、投入前の現金燃焼はアナリスト予想下回る

  • 4-6月のフリーキャッシュフローは11億6000万ドルの赤字
  • EVや電池の増産、充電ステーション網の構築に多額の投資

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは、同社の車種としては最も手ごろな価格の「モデル3」投入に向け多額の投資を行ってきたが、それに伴う現金の燃焼はアナリストの予想よりも少なかった。

  2日の株主への書簡によると、4-6月(第2四半期)のフリーキャッシュフロー(純現金収支)は11億6000万ドル(約1280億円)の赤字。アナリストは13億ドルの赤字を予想していた。それでも四半期ベースで過去最大の赤字となり、今年1-3月の2倍近くに膨らんだ。

  イーロン・マスク氏率いるテスラは先週、「モデル3」セダンの納車を開始した。価格は3万5000ドルからで、予約は50万台を超えた。同社は自動車と電池の増産や顧客サービス業務の拡大、独自の充電ステーションのネットワーク構築のため多額の投資を続けてきた。

  カウエンのアナリスト、ジェフ・オズボーン氏は2日、決算発表前のインタビューで、「キャッシュフローがどれほどひどい数字になるかに投資家は注目している」と指摘していた。

  テスラの4-6月期末の保有現金は30億ドル強。モデル3に対する楽観から同社の株価は年初来で53%上昇している。

  4-6月期決算は2日の株式市場の通常取引終了後に発表され、テスラの株価は一時約9%高となった。

Bloomberg Intelligence’s Kevin Tynan and Bloomberg View’s Edward Niedermeyer discuss Tesla’s second-quarter earnings.

(Source: Bloomberg)

  同社は今年下期の設備投資が20億ドルになるとの見通しを示した。上期の15億ドルから膨らむ。

  モデル3への関心が、より高価格の従来機種「モデルS」「モデルX」から需要を奪うとの懸念があったが、同社によると、これら2モデルの下期の出荷台数は、上期の4万7077台を上回る見通しだという。

原題:Tesla Burns Less Cash Than Expected as Model 3 Hits Market (1)(抜粋)

(Updates shares trading in sixth paragraph.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE