欧州株:ストックス600が下落、鉱山株に売り-ユーロ高を嫌気

2日の欧州株式相場は下落。ユーロがドルに対し上昇したことを受け、指標のストックス欧州600指数は過去5営業日で4回目の値下がりとなった。

  ストックス600指数は前日比0.4%安の378.63で終了。米国株安も相場を圧迫した。鉱山株は午後に下げ幅を広げ、2週間ぶり大幅安となった。英豪系リオ・ティントは2.8%下落。同社の1-6月利益はアナリスト予想に届かなかった。銀行株の下げも目立った。この日の外国為替市場で、ユーロは対ドルで2年半ぶり高値まで買い進まれた。

  ストックス600指数はここ数カ月勢いを失い、5月半ばに付けた高値から4%余り下げている。

  アップルの売上高見通しがアナリスト予想を上回ったことを手掛かりに、同社のサプライヤーは軒並み上昇。半導体メーカーの英ダイアログ・セミコンダクターと、オーストリアのamsは大きく上げた。

原題:European Stocks Decline as Mining Shares Slide, Euro Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE