米アンダーアーマー株が急落-北米事業伸び悩みで通期見通し下方修正

米スポーツ用品メーカー、アンダーアーマーは通期の増収率見通しを下方修正した。1年にわたる不振から脱出する方法を見つけることが予想より難しいことを示唆している。

  アンダーアーマーは北米事業の伸び悩みを理由に挙げ、通期の増収率見通しレンジの下限を2ポイント引き下げた。北米では激しい競争と値引きが販売に響いている。1日の米株式市場でアンダーアーマーは前日比8.6%安と、1月31日以来の大幅な下げとなった。

  同社はまた、4-6月(第2四半期)に2四半期連続の赤字となった。短期的な痛みの拡大につながるリストラ計画にも着手した。

  成長鈍化を背景にアンダーアーマーの株価はすでにここ1年で約50%下落。ケビン・プランク最高経営責任者(CEO)は世界的に事業を拡大し、北米市場への依存を減らすことを計画しているが、効果が出るまで時間がかかると見込まれる。海外が売り上げに占める割合は現在、5分の1程度にとどまっている。

原題:Under Armour Plunges After Woes in North America Hurt Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE