ビットコインの値下がりは限定的-ブロックチェーン分裂後も

仮想通貨ビットコインは2つのブロックチェーン(分散型デジタル台帳)に分裂することになっても、これまでのところ値下がりは限られており、無傷で乗り切るとの自信を示唆する形となっている。

  ビットコインの一部マイナー(採掘者)がビットコイン・キャッシュと呼ばれるソフトウエアを使い始め、ブロックチェーンの新旧分裂をもたらした。これに伴いビットコインをどのように評価するかを巡る議論が1日、顕在化した。

  仮想通貨のデータプラットフォーム「クリプトコンペア」を運営するチャールズ・ヘイター氏によれば、ビットコインの価格は新たなコインを割り引くことで分裂を反映すべきだという。同氏はそれを株式トレーディングの配当落ちになぞらえた。

  5営業日ぶりに反落したビットコインは、ニューヨーク時間1日午前11時5分(日本時間2日午前0時5分)時点で157ドル(5.4%)安の2729ドルとなった。同日早い段階では一時8.4%安と、7月25日以来の大幅下落となった。コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、ビットコイン・キャッシュ先物は19%高の331ドル。

原題:Bitcoin Slide Looks Limited Even After Cryptocurrency Splits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE