米上院:レイFBI長官を承認-独立性の維持目指す

  • 大統領の批判や圧力にさらされているFBIの立て直しに取り組む
  • 前任のコミー氏はトランプ大統領から解任された

米上院は1日、クリストファー・レイ元司法次官補の連邦捜査局(FBI)長官就任を承認した。レイ氏は政治的圧力や、トランプ大統領からの批判にさらされているFBIの立て直しに取り組む。

  レイ氏の指名は賛成92、反対5で承認された。前任のコミー氏がトランプ大統領に解任されたことを受け、レイ氏はFBIの独立性を守ると表明している。

原題:Wray Confirmed as FBI’s Chief to Navigate Past Political Squalls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE