ファイザー:4-6月売上高が予想下回る、株価下落

ファイザーの4-6月(第2四半期)決算は売上高が市場予想に届かず、成長軌道に戻すには買収などが必要との見方が再び強まった。1日の米株式市場でファイザーの株価は下落した。

  同社の1日発表によると、同期の売上高は2%減の129億ドル(約1兆4200億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の131億ドルを下回る額で、3四半期連続の減収となった。主力薬品の肺炎予防ワクチン「プレブナー」、男性向け性機能障害治療薬「バイアグラ」、鎮痛剤「リリカ」の落ち込みが響いた。

  調整後1株利益は67セントで、アナリスト予想平均の66セントを上回った。

  17年通期については調整後1株利益が2.54-2.60ドルとの見通しを示し、予想レンジの下限を引き上げた。

原題:Pfizer Sales Shortfall Reignites Pressure to Make a Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE