ベネズエラ:野党指導者ロペス氏らを拘束、武装した治安部隊が連行

ベネズエラのマドゥロ大統領の反対派に近い関係者によると、有力な野党指導者らが自宅から治安部隊によって連行された。

  野党指導者レオポルド・ロペス氏の妻によれば、ロペスは自宅で銃を突きつけられ、そのまま拘束された。ロペス氏はわずか数週間前に3年間を過ごした軍事刑務所から自宅軟禁へ移されたばかりだった。カラカス市のレデスマ市長も拘束された。同市長の妻が明らかにした。両氏が拘束される様子を収めた動画はいずれもツイッターに投稿された。

  ロペス氏の妻リリアン・ティントーリ氏はツイッターに「当局が自宅からレオポルドを連れ去った」、「彼がどこにいるのかも、どこへ連行されたのかも分からない」と投稿した。

  マドゥロ大統領は新憲法を制定する制憲議会の選挙を7月30日に強行したが、野党は独裁者による権力掌握だとみなしている。

  ブルームバーグは映像の信頼性をまだ確認できておらず、マドリードとロンドンのベネズエラ大使館にコメントを求めて電話をかけたが返答は得られていない。

原題:Venezuelan Opposition Leaders Detained at Gunpoint in Raids (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE