中国の百度、不採算の食品宅配部門売却で協議中-関係者

  • 交渉相手はアリババ傘下の同業企業と関係者
  • 売却額は前回の資金調達時での評価を大きく下回る公算

インターネット検索エンジンで中国最大手の百度(バイドゥ)は不採算の食品宅配部門「外売」をアリババ・グループ・ホールディングが出資する餓了麼にこれまでの評価額を大きく下回る価格で売却する計画だ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  協議が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、外売は前回の資金調達時に25億ドル(約2750億円)との評価を得ていた。餓了麼への売却では、この半分未満の評価額となる可能性がある。競争の激しい中国のオンデマンドサービス市場で苦戦している百度は人工知能(AI)事業に軸足を移しており、外売を売却し、負担の大きい赤字事業を打ち切りたい考えだ。

  合意に至れば、業界における餓了麼のリードがさらに広がるだけでなく、アリババの電子商取引・決済ネットワークに数百万人のユーザーを呼び込むことになる。餓了麼と百度はいずれも同部門売買の可能性についてコメントを控えた。同部門売却については、財経網が先に報じていた。

原題:Baidu Is Said to Discuss Selling Waimai Food Unit at a Discount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE