女性トップ上場会社の優位「明白」-株式リターンが指標大幅に上回る

  • 世界の上場企業約1万1000社対象のノルデア銀の調査で判明
  • 女性が経営する企業の株価リターンは09年以降、年プラス25%

女性が最高経営責任者(CEO)か取締役会のトップを務める上場企業は、株式リターンが市場をはるかに上回っていることが、北欧最大のノルデア銀行による調査で分かった。世界中の上場会社約1万1000社が調査対象。

  この調査を企画し、同行で420億ドル(約4兆6340億円)相当の株式運用を担当するロバート・ネス氏は、「動かしようのない結果」が出たと7月31日のインタビューで述べた。

  この調査では年末時点で女性が経営する企業のその後12カ月の株価を分析。その結果、ベンチマーク指数を引き続き上回ったことが分かった。女性が率いる企業の株式リターンは2009年以降、年プラス25%だったが、MSCI世界指数はその半分未満の11%だった(均等加重ベース)。  

  ネス氏は「より良いリターンは、このようにして得ることができる。この効果は間違いなく持続し得る」とも語った。

  ただ、女性CEOだとリターンがベンチマークを上回る理由については、それほどはっきりしない。ネス氏は女性は将来を想定する際に男性より保守的になりがちなので、その想定を上回るポジティブサプライズが生じる余地が大きいのではないかと判断。また、企業のトップに就く女性は今のところ限られた精鋭ばかりで、彼女たちが世の中の多くの男性CEOより能力が高いことを意味するのではないかとも分析した。

  ネス氏は女性CEOら多様な人材登用を促す議論に単なるリップサービスをしているわけではない。研究結果をファンド運用に反映させるようにしている。過去5年の年リターンがプラス14%のノルデア・グローバル・ステーブル株式ファンドは、女性が経営する企業を多少オーバーウエートにしている。「企業分析で女性がトップならプラス要因になる」からだという。

原題:Female CEOs Hold Key to Returns for $42 Billion Stock Manager(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE