バノン氏支持の富裕層増税案、「議題に上っていない」-大統領補佐官

年収500万ドル(約5億5000万円)超の富裕層に適用する最高税率を44%に引き上げる案は検討されていないと、ホワイトハウス関係者が31日明らかにした。バノン首席戦略官が支持しているとされた案だが、一蹴された。

  ホワイトハウスのショート議会担当補佐官はFOXニュースに対し、「率直に言って、現時点で議題に上っているとは思わない」と発言。「増税が成長を促す方法だとは考えていない」と続けた。

  バノン氏の考えに詳しい関係者は先週、中間所得者層向けの減税を賄う措置として同氏が富裕層の所得税率引き上げを支持していると述べたが、共和党のライアン下院議長とブラディ下院歳入委員長は30日、この案を相次ぎ否定していた。

原題:44% Income Tax Rate Backed by Bannon Isn’t on Table: Trump Aide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE