中国当局は本土の保険会社、安邦保険集団に海外資産を売却するよう求めた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社の呉小暉会長は6月に当局による聴取で拘束されている。

  情報が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によれば、政府は安邦に売却で得た資金を中国に戻すことも要求している。安邦側の今後の対応はまだ分からないという。

  安邦はソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)のメッセージで、「当社には海外資産を売る計画は現時点でない。当社のさまざまな事業や業務は全て通常通りだ。現金は潤沢で、支払い能力も十分ある」と説明した。中国保険監督当局の担当者に電話で接触したが、現時点でコメントは得られていない。

  投資型保険商品の販売急増を背景に、安邦は同業他社と同じく世界で積極的な資産買収を手掛けるようになり、2014年にはニューヨークの名門ホテル、ウォルドーフ・アストリアを買収し一躍注目された。

原題:China Said to Ask Waldorf Owner Anbang to Sell Assets Abroad (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE