週末の北米映画興行収入ランキングは、ワーナー・ブラザーズの「ダンケルク」が2週連続で1位となった。ソニーのアニメーション作品「エモジ・ムービー」(原題)は初登場2位。

  調査会社コムスコアが電子メールで30日配布した資料によれば、ダンケルクの興行収入は推計2810万ドル(約31億円)。同作品では、「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督が第2次大戦初期のフランスでの戦いを描いた。

  スマートフォンの絵文字が主人公のエモジ・ムービーの興行収入は約2570万ドル。初登場作品では他に「アトミック・ブロンド」が1860万ドルで4位に入った。同作品の興行収入は予想を下回った。

原題:‘Dunkirk’ Holds Top Spot Against Sony’s Panned ‘Emoji’ Movie (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE