一族の資金疑惑を巡り調査を受けていたパキスタンのシャリフ首相が辞任した。同国は来年総選挙を予定するが、首相辞任で政治混乱に陥りそうだ。

  当局の調査で首相一族の資産と公開されている収入との間に不一致が発覚したことを受け、パキスタン最高裁判所は28日、5人の裁判官が全会一致で首相の議員資格を剥奪する判決を言い渡していた。同裁判所は4月にも判断を下したが、当時は裁判官2人が議員資格の剥奪を支持した一方、3人が調査継続を求めた。この汚職疑惑の調査では、ダール財務相の名前も挙がった。

  シャリフ首相の不正疑惑はいわゆる「パナマ文書」で明るみに出た。同文書が絡むスキャンダルでは昨年、アイスランド首相が辞任した。

パキスタン首相を辞職したシャリフ氏
パキスタン首相を辞職したシャリフ氏
Photographer: Aamir Qureshi/AFP via Getty Images

原題:Pakistan Premier Sharif Resigns After Landmark Graft Ruling (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE