米エクソンモービルの4-6月(第2四半期)決算は利益がアナリスト予想を下回った。

  エクソン発表によると、4-6月期の純利益は33億5000万ドル(約3700億円、1株当たり78セント)。1株利益はブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想平均を6セント下回った。前年同期は17億ドル(同41セント)。売上高は628億7000万ドルと、前年同期の576億9000万ドルから9%増加した。

  エクソンは財務規律やコスト削減、プロジェクトの選別などから利益を捻出することができなかった。同業他社ではこれらが好業績につながっていた。

  石油とガスの生産量は1%近く減少し、原油換算で日量392万2000バレル。アナリストの予想平均は1.5%増の同401万5000バレルだった。

原題:Exxon Misses Estimates as Cuts Fail to Offset Output Declines(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE