米ホワイトハウスのスカラムッチ米広報部長は就任早々、情報を漏えいさせたとしてプリーバス大統領首席補佐官を散々罵倒した。一方、プリーバス氏が辞任する兆しは見られていない。

スカラムッチ氏
スカラムッチ氏
25: Incoming White House Communications Director Anthony Scaramucci talks

  スカラムッチ氏は27日、米誌「ニューヨーカー」とのインタビューで、プリーバス氏について口汚い言葉を使った上で、「妄想型統合失調症」だと呼んだ。その後スカラムッチ氏は自身の「下品な言葉遣い」を修正すると述べたものの、発言は両者の険悪な関係を露呈させ、冷静で弁舌に優れた大統領の代弁者というスカラムッチ氏の評価を台無しにした。

  ニューヨーカー誌のライアン・リザ記者によると、26日夜にトランプ米大統領とスカラムッチ氏を含む数人が出席した夕食会が開かれたと同記者がツイッターに投稿したところ、スカラムッチ氏から直接電話があり夕食会のリーク元を明かすよう求められた。

プリーバス氏
プリーバス氏
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  リザ氏が情報源の開示を拒否すると、スカラムッチ氏は「そいつら全員クビにしてやる。明日3-4人クビにする必要がある。情報をリークした人間は突き止める。ラインス・プリーバス、そう、彼は近く辞任を求められることになる」と息巻いた。その上で「ラインスはひどい妄想型統合失調症、妄想性障害だ」と発言、リークは夕食会に招かれなかったプリーバス氏の嫉妬によるものだと示唆した。

  スカラムッチ氏はその後のインタビューでバノン首席戦略官兼上級顧問にも矛先を向け、トランプ大統領を利用してメディアの関心を集めようとしていると非難。「私はバノン氏とは違う。自分のブランドを築き上げようとはしていない」と述べ、やはり口汚い言い回しを使った。

  リザ氏はこれらの発言に関してブリーバス氏とバノン氏にコメントを求めたが、両氏はコメントを避けた。

  スカラムッチ氏は27日、CNNが生放送した30分間に及ぶ電話インタビューで、財務情報がリークされた背後にプリーバス氏がいる可能性を示唆。「ラインスが自分は情報漏えい者ではないと説明したいのであれば、そうさせればよい」と述べ、「私は率直な人間だ。問題の核心に直接向かう」と語っていた。

原題:Priebus Rivalry With Scaramucci Boils Over After Interviews(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE