フランスの銀行、BNPパリバの4-6月(第2四半期)決算は再び米金融機関の大部分を上回る好業績となった。株式デリバティブの好調が際立った。

  28日の発表資料によると、4-6月期利益は24億ユーロ(約3100億円)と、ブルームバーグが集計したアナリスト6人の予想平均(19億1000万ユーロ)を上回った。株式とプライムサービスの収入は26%増。デリバティブ商品の需要が急増した。一方、貸倒引当金は減少した。

  債券と商品、通貨関連業務の収入は前年同期比16%減。比較的好ましい環境だった1年前に比べて「全ての分野でビジネス活動が低調だった」とBNPは説明した。ただ、株式デリバティブの好調に支えられグローバルマーケッツ部門全体の収入は15億2000万ユーロと、2.3%の減少にとどまった。ブルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト予想平均は14億7000万ユーロだった。

  ブルームバーグ・インテリジェンスの集計データによれば、米大手投資銀行5行の4-6月期トレーディング収入は合計で前年同期に比べ10%近く減少した。

原題:BNP Paribas Outshines Deutsche Bank After Equity Trading Soars(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE