ファイル共有サービスを提供する米ドロップボックスは、新規株式公開(IPO)の可能性に向けて、ゴールドマン・サックス・グループをリードアドバイザーとして起用する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  詳細が公開されていないとして匿名を条件に語った同関係者によると、ドロップボックスはゴールドマンを起用してIPOの書類を作成し、年内にも提出する可能性がある。ドロップボックスはJPモルガン・チェースともIPOでの役割を巡り協議しているが、まだ正式に委託されている銀行はないという。

  最終決定は下されておらず、ドロップボックスはIPOプロセスを進めないことを選択する可能性もある。関係者によれば、ゴールドマンは以前、与信枠や資金調達で同社に助言していた。

  ドロップボックス、ゴールドマン、JPモルガンの担当者はコメントを控えた。

原題:Dropbox Is Said to Be Expected to Hire Goldman for IPO Plans (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE