中国の百度(バイドゥ)の4-6月(第2四半期)業績はアナリスト予想を上回った。昨年は中国当局による規制で収益が圧迫されたが、中核の検索広告事業が回復した。

  同社が発表した4-6月期の売上高は209億元(約3450億円)となった。市場予想は207億元。純利益は44億元。市場予想は29億元だった。

  同社は7-9月(第3四半期)の売上高については231億-238億元を予想。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は230億元となっている。

  27日のニューヨーク市場の時間外取引で、百度の株価は通常取引終値(201ドル)に比べて7.5%上昇した。

原題:Baidu Beats Estimates as Search Ads Recover From Restrictions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE