米下院は27日、トランプ大統領が求める国防費増強やクリーンエネルギー計画縮小、米国とメキシコ国境での壁建設のための予算を盛り込んだ総額7880億ドル(約87兆5000億円)の歳出法案を可決した。

  同法案は下院で賛成235票、反対192票で可決されたが、修正なしで上院を通過する可能性はほとんどない。国内支出増額のための取引を年内に期待する上院民主党議員らは、同法案を阻止する意向。ただ、民主党と歳出を巡り協議する下院共和党にとって、同法案は交渉上の立場を固めるものとなる。

  与野党による予算協議の予定はまだ設定されておらず、10月1日の新年度開始時に議会が政府機関閉鎖の事態を回避できるかどうかは不明。民主党が反発する国境の壁予算を盛り込んだことで、共和党は歳出法案を予定通り成立させられないリスクが増大した。

原題:House Passes $788 Billion Spending Bill With Border-Wall Funds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE