英国の欧州連合(EU)離脱問題で欧州委員会の交渉責任者を務めるミシェル・バルニエ氏は、交渉ペースが遅々としていることから、10月までに将来の関係についての協議開始を決定できるほど現在の議論が進展する公算は小さいとの見方を示した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

  非公開の議論だとして匿名を条件に語った関係者によると、バルニエ氏は26日、ブリュッセルで開かれた英国を除くEU27カ国の大使との会合で発言した。同氏は出席者に対し、可能性のある解決策として第1段階の交渉を数カ月延長することを挙げた。

  ただ、バルニエ氏は交渉の第1段階である離脱条件に関し、10月までに合意が成立する可能性を完全には排除していないという。10月に開かれる英保守党の党大会や大廃止法案など英国内部の政治動向に左右されるとみている。

  EUは在留市民の権利や離脱に伴う清算金などの問題で「十分な進展」があったと加盟国首脳が判断するまで、自由貿易協定を含むEUと英国との将来の関係について交渉を開始しない方針。

原題:Barnier Is Said to Warn of Poor Progress in Brexit Talks (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE