米スラック・テクノロジーズはソフトバンクグループなどが主導する追加資金調達で2億5000万ドル(約280億円)を集めようとしている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  社員同士のコミュニケーション用ソフトウエアを手掛けるスラック(サンフランシスコ)の投資家らは同社の価値を50億ドル余りと評価する見込みだと関係者が述べた。詳細は非公開だとして匿名を条件に語った。シリコンバレーのベンチャーキャピタル、アクセルがソフトバンクとともに資金調達を主導するという。スラックの従業員と既存株主も保有株を売却する見通しだと関係者らが述べた。

  スラックはコメントを控えた。企業ニュースサイトのアクシオスが先に、スラックの資金調達について報じていた。

  ソフトバンクは1000億ドルに達しようとする巨大ファンドを発足させて以来、株式非公開のテクノロジー企業への投資を活発化させ、ベンチャーキャピタルの新たなブームをけん引している。

  今回の資金調達で、スラックのバリュエーションは前回調達時の38億ドルから膨らむ。2016年4月からの前回では2億ドルを調達した。

  ブルームバーグは先月、テクノロジー業界の巨人アマゾン・ドット・コムなどがスラック買収に興味を示したと報じていた。身売りする場合の価格は90億ドル以上と見積もられていたが、買収の協議は最近数週間で冷え込んでおり、目先は可能性がないと事情に詳しい関係者が述べた。

原題:Slack Is Said to Be Raising $250 Million From SoftBank, Others(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE