米ホワイトハウスのバノン首席戦略官は、中間所得者層向けの減税策を賄う措置として、年収500万ドル(約5億5500万円)超の納税者に対する最高税率を44%への引き上げることを支持している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  現行の最高税率である39.6%からの引き上げをトランプ米大統領が支持するかどうかは不明。バノン氏の考えは26日、インターセプトが先に報じていた。

原題:Bannon Is Said to Call for 44% Tax on Incomes Above $5 Million(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE