27日のアジア株式相場は上昇。MSCIアジア太平洋指数がほぼ10年ぶりの高値となっている。企業決算を巡り楽観的な見方が広がった。

  MSCIアジア太平洋指数は2007年12月以来の高値を付けた。任天堂や韓国のサムスン電子の予想を上回る業績を好感した。26日の米株式市場でダウ工業株30種平均が最高値を更新した流れも引き継いだ。

  外国為替市場では、オーストラリア・ドルが0.4%高。1豪ドル=0.80米ドルを上回る水準で取引されている。前日は0.9%上げていた。

原題:Dollar Drops on Fed’s Inflation; Asia Stocks Rise: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE