王侯気分で旅行したいのに、フランスの古城もイタリア・トスカーナ地方の邸宅も、はたまたアイルランドのマナーハウスにも宿泊済みのあなた。歴史を感じる最高の宿泊先を探しているなら、ポルトガルの宮殿に泊まろう。 

  ポルトガルは1139年から1910年まで王国だったので、宮殿だった場所が全国にある。しかも、その一部は予約可能な宿泊施設に変身し、新古典主義からバロック、マヌエル様式まで素晴らしい建築様式を披露しているほか、アズレージョと呼ばれるタイルやフレスコ画を含め内装も印象的だ。さすがにジムは付いていないかもしれないが、広大な敷地の中に花咲き乱れる庭園があったり、眺望を楽しめるプール付きであることが多い。

  1棟貸しのコンセプトはポルトガルでは比較的新しいので、そのようなカテゴリー専門で予約できるウェブサイトはない。そこでわれわれが調査して5つの宮殿を紹介することにした。これらの多くはホテルとして経営されているが、人数が集まれば、全棟借り上げるのはそう難しくない。しかも、1週間泊まる保証が必要ということもめったにないので、複数の宮殿を巡る旅も可能だろう。 

Paço da Ega (パソ・ダ・エガ、中部) 

Source: Center, Portugal

  寝室7部屋で21万5000平方フィートの敷地を持つこの宮殿は12世紀の建造。ムーア人の要塞(ようさい)近くにそびえる建物には、ローマ時代の名残りも見られるという。内装が歴史を感じさせるのももっともで、れんがの壁に紋章のバナー、木製の巨大扉、石造りの暖炉、質素な寝室がある内部には修道院のような趣がある。オリーブの森や松林を散歩したり、緑の中を自転車で駆け抜けたり、ワインテイスティングして過ごす1週間はどうだろうか。ポルトガル中部の観光地、コインブラ大学やトマールの修道院へも1時間のドライブ圏内だ。
宿泊料金:14人で1泊4000ドル(約44万円)前後 

Casa do Terreiro do Poço(カーザ・ド・テレイロ・ド・ポソ、アレンテージョ)

Source: Center, Portugal

  ポルトガルで最も面積の広い地域であるアレンテージョは郷土料理や歴史的建造物、ワインで有名。豚肉とあさりの名物料理やワインのエスポランが気になれば、大理石の産地ボルバにある寝室12部屋のこの施設に泊まってはいかがだろう。全体はマナーハウス3棟で構成され、一番古い建物は17世紀に建てられた。フレスコ画や木製扉に施された繊細な彫刻など歴史を感じさせる内装には、2012年の改装で国内外の現代風タイルやじゅうたんなどが加えられた。
料金:24人で3泊して2万5300ドル


Casa das Torres de Oliveira(カーザ・ダス・トレス・デ・オリベイラ、 ドウロ渓谷)

Source: Center, Portugal

  主要都市ポルトから向かうと、1時間半のドライブでドウロ渓谷の景観を楽しめる。赤いタイル貼り屋根の2つの塔が見えれば、到着だ。6つある部屋は装飾控えめで、彫刻を施したアンティークの木製ベッドや肖像画、じゅうたんが目立つようになっている。15世紀に建てられた建物にはバロック様式のチャペルなど、歴史を感じさせるディテールが多数あるが、本当に感動するのは外に出たときだ。プールから段々状のぶどう園が見渡せるほか、庭園は夕涼みの散歩にぴったり。ドウロ川のサンセットクルーズをリクエストしてもいい。
料金:12人で1泊5700ドル
 

Palacio de Seteais, (パラシオ・デ・セテアイス、シントラ)

シントラ
シントラ
Source: Center, Portugal

  18世紀に建てられた新古典主義のこの宮殿はとにかく雄大だ。手入れが行き届いた芝生が広がる敷地にはローズガーデンや生け垣迷路があり、クジャクが散歩する。ようやく建物の入り口に到着して中に入れば、壁には優雅なフレスコ画が広がり、豪華なシャンデリアやシルクのタペストリー、超一級のアンティーク調度品が応接室などを飾る。寝室は30部屋だ。建物上部からはメルヘンチックな城が点在するシントラの山々が見渡せる。ここは通常はホテルとして営業しているが、貸し切り可能な人数を集められれば、スタッフが手厚くもてなしてくれるだろう。
料金:60人で1泊3万4200ドル前後 

Palacio Belmonte(パラシオ・ベルモンテ、リスボン)

Source: Center, Portugal

  ポルトガルで宮殿を借り切るのは郊外に限らない。リスボンの有名なサン・ジョルジェ城に近いこの高級ホテルにはスイートが10部屋ある。大家族や友人グループで予約すれば全棟貸し切りも可能だ。1日12時間、運転手付き移動サービスを利用した観光もいいが、外出したくなくなるかもしれない。ベルモンテはいわば宝の山だからだ。約4000枚のアズレージョ・タイルや何世紀も前の家具、人気上昇中の国内アーティストによる現代アート作品を含め、発見がある。さらに静かな雰囲気のプールに入れば、欧州でも人気観光地のど真ん中にいることをほとんど忘れてしまう。
料金:26人で1週間18万ドル前後

原題:Portuguese Palaces Are Available for Rent for a Posh, Regal Stay(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE