米航空機ボーイングの4-6月(第2四半期)は787(ドリームライナー)がキャッシュフローを押し上げ、株主への利益還元や利益見通しの引き上げに寄与した。

  26日の発表資料によれば、フリーキャッシュフローは45億1000万ドルと、市場予想を2倍超上回った。同社はこのうち34億ドルを自社株買いや配当に充てた。さらに第3四半期に自社株35億ドルを投じ、年金基金を拡大する計画を明らかにした。

  通期の調整後1株当たり利益予想は9.80-10ドルと、従来予想から60セント上方修正された。営業キャッシュフロー見通しは15億ドル引き上げで123億ドル。

  第2四半期決算は一部年金費用を除くベースで1株当たり利益が2.55ドル。前年同期は損益が44セントの赤字だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は同2.30ドルだった。売上高は8.1%減の227億ドル。市場予想は230億ドルだった。
  
原題:Boeing’s Cash Flow Surges in New Boost for Top 2017 Stock on Dow(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE