ドイツの自動車メーカー、ダイムラーの4-6月(第2四半期)決算では営業利益が予想を下回った。商用車の不振や新技術についての開発投資が響いた。

  26日の同社発表によると、利払い・税引き前利益(EBIT)は37億5000万ユーロ(約4880億円)と、前年同期の32億6000万ユーロから15%増加した。ブルームバーグがまとめたアナリスト5人の予想平均は39億ユーロだった。売上高は6.5%増の412億ユーロ。

  小型車のスマートを含む高級車部門メルセデス・ベンツ・カーズはEBITが70%増となった一方、ダイムラー・トラックス部門は13%減益だった。バン部門は11%減益。

  同社は通期のEBITと売上高が大幅に増加するとの見通しを据え置いた。

原題:Daimler Earnings Miss Estimates as Truck Division Profit Falls(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE