26日の香港株式相場は上昇。石油株が上げを主導した。大幅増益見通しを示した中国恒大集団が上場来高値を更新した。

  ハンセン指数は前日比0.3%高の26941.02で終了。原油高を受けてペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は3.1%高、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は2.3%上げた。

  不動産開発で中国最大手の中国恒大集団(3333 HK)は18%上昇し、2009年の上場後の最高値を塗り替えた。1-6月(上期)の利益が前年同期の3倍になったもようだと発表した。

  カジノ株は下落。カジノ運営の米ウィン・リゾーツの利益が予想に届かなかったことが響いた。同社傘下のウィン・マカオ(永利澳門、1128 HK)は4.1%安。

  中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は0.5%高。本土市場では上海総合指数が0.1%高で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Fluctuate as Oil Producers Gain, Casinos Fall(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE