26日のアジア株式市場では、素材株が高い。欧米で商品関連銘柄が幅広く買われた流れを引き継いだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、債券相場は全般的に下落している。

  日本時間午後0時37分ごろの時点で、MSCIアジア太平洋エネルギー指数は1.1%高。日本とオーストラリアの株式市場で買いが広がっている。

  商品市場では、ニューヨーク原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が早い時間に大きく上げたほか、銅価格も2%上昇した。

原題:Commodity Rally Boosts Asian Raw-Material Stocks: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE