ここ数年来顧客が減少していた米マクドナルドの店舗に客足が戻っている。ドリンクの値引きや高級バーガーが寄与したもので、25日の米株式市場で同社株は上場来高値を更新した。

  4-6月(第2四半期)の米国での来客数は増加し、スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)はようやく重要な節目に到達できた。また、既存店売上高はアナリスト予想を上回った。

スティーブ・イースターブルックCEO
スティーブ・イースターブルックCEO
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  マクドナルドは25日、前日比4.8%高の159.07ドルで取引を終え、4月25日以来の大幅高となった。

  既存店売上高は8四半期連続で増加。米国内では3.9%増と、アナリスト予想の3.2%増を上回った。世界全体は6.6%増と、コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想(4%増)を大きく上回った。

原題:McDonald’s Boosts Customer Traffic in Key Milestone for CEO (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE