25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。一時下げていたが、米国債利回りの上昇を手掛かりに反転した。一方でユーロは一時2015年以来の高値に上昇した後、上げをほぼ失う展開となった。国際通貨基金(IMF)が欧州中央銀行(ECB)に対し、緩和策の解除に慎重になるよう求めたことが背景にある。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.2%安となったが、その後は反転。米国債利回りの上昇に沿う形で約0.2%高となった。一方ユーロは午前中、2015年8月以降で初めて1.1700ドルを上抜けたが、その後は急速に上げを縮めた。市場の注目は連邦公開市場委員会(FOMC)に移っている。FOMCは26日に声明を発表する。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%高。

  ユーロはドルに対し0.1%未満上昇の1ユーロ=1.1647ドル。ドルは対円で0.7%上げて1ドル=111円89銭。

  IMFはこの日公表したリポートで、「インフレの道筋がECBの物価安定目標に向けて持続的な上昇を見せるまで、金融政策はしっかりと緩和的な状態を維持すべきだ」と言明した。このリポート公表後、ユーロは上げを縮めた。 

  円はこの日、主要10通貨全てに対して値下がりした。日本銀行の審議委員に就任した鈴木人司氏と片岡剛士氏は25日の就任会見で、出口戦略に向けて議論を開始するのは時期尚早との考えを示した。

  ドルの対円相場はまた、朝方発表された米企業の好決算を受けて上昇した米国株相場にも支えられて値上がりした。

原題:USD Reverses Early Drop as Euro Falls From Highest Since 2015(抜粋)
原題:New Board Members Agree BOJ Is Far From Talking About Exit Plan(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE