日用品・工業品メーカーの米3Mは通期の利益予想レンジの下限を引き上げたものの、レンジの中央値はアナリスト予想に届かなかった。4-6月(第2四半期)決算も市場予想を下回った。

  株価は一時6%余り下げた。年初から前日までの時点では18%高と、上昇率はS&P500種株価指数の8.8%を上回っている。

  25日の3M発表によると、2017年通期の調整後利益は1株当たり8.80-9.05ドルになる見通し。レンジ下限は従来予想から10セント上方修正されたが、中央値の8.93ドルはブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の8.98ドルを下回った。

  4-6月期の1株利益は2.58ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の2.59ドルに届かなかった。売上高は1.9%増の78億1000万ドル。市場予想は78億6000万ドルだった。

原題:3M’s Outlook Disappoints After Company Misses Profit Estimates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE